©Ressentiment Records

  • Black Twitter Icon
  • Instagram - Black Circle
  • Black YouTube Icon
  • Black SoundCloud Icon

@日本, 東京

BOYS SEE BOYS全国流通についての所感

January 19, 2018

 

 

どうもです。

 

 

 

先日Twitterで告知しました通り、2018/2/21(水)より全国のCDショップにて僕のニューアルバム「BOYS SEE BOYS」が発売されることになりました。

 

 

 

曲を作り始めてもうすぐ4年。まさかこんなことになるなんて、4年前の僕どころか、1年前の僕でさえ予想できていなかったです。

 

 

 

これも、いつも曲を聴いてくださる皆様、応援してくださる皆様、切磋琢磨し合う仲間、みつきさなぎ、ためくん、両親のお蔭です。本当にありがとうございます。

 

 

 

これは昔話になるんですが、僕は小さい頃から色んな夢を抱いて、色んな夢を諦めてきたような気がします。

 

 

 

小学生~中学生の時はプロ野球選手になりたくて、でも才能がなさすぎて野球部を辞めて。

 

 

 

高校生~大学生の時は弁護士になりたくて、でも勉強キライで他の天才たちに全然勝てなくて結局試験に落ちて。

 

 

 

別に夢を持ってもしょうがないな、どうせ叶わないしなと思ってたし、今でも少し思ってる節があります。

 

 

 

高校で音楽を始めた頃も、両親に「決してプロになろうとかCDデビューしようとか、下らないことは考えるんじゃない」と言われていました。

 

 

 

「当たり前じゃんならないよwww」とか言いながらもいつかは、って心の底ではいつもチャンスをうかがっていたような気がします。

 

 

 

社会人1年目の時、ベンチャー企業に勤めていたので、周りの先輩が言う「ITで世界を変えたい」とか「ビジネスで社会に貢献したい」とかって言葉に影響を受けて、自分もそのために仕事をしているんだ!と思っていた時期がありました。

 

 

 

でも、どっかで腑に落ちていなくて、本当にそんなこと思ってる?周りに流されてない?って気持ちがありました。

 

 

 

そんな時、僕が一番尊敬する当時の上司が、「世界を変えたいとかチームに貢献したいとか、キレイごとはいいから、自分はどうしたいの?」って言われた時、マジのマジで目からウロコでした。

 

 

 

あ、自分はもっと素直に自分のやりたいことをやっていいんだ。自分がやりたいことなんてどうせ叶わないからって、フタをして生きていればいいやって思ってた、その霧やモヤが晴れていくのを感じました。

 

 

 

そこから、なりたい自分になろうと思い、密かに憧れていた作曲家になるため、思い切ってDTMを始め、作詞作曲とVOCALOIDの世界に飛び込みました。

 

 

 

運とかもろもろあると思うし、必ずしも全部上手くいくわけじゃないんだけど、継続することで、チャンスが巡ってくることってあるんだなーって、今回改めて思いました。

 

 

 

これからも、自分の気持ちにフタをせず、楽曲を作り続けていこうと思います。なので、引き続き僕をよろしくお願いいたします。

 

 

 

最後に、BOYS SEE BOYSの全国流通開始についてまとめたページを貼っておきます。

 

 

 

https://www.seeeeecun.com/boys-see-boys

 

 

 

それでは。

Please reload

特集記事

【対談】はるまきごはんの創作の原点と影響を受けた音楽【後編】

February 4, 2018

1/3
Please reload

最新記事